コンビニ クレーム

今は会社勤めだけど、将来に不安があるかたへ

最新の買取ビジネスから、ラーメン店まで!!

全国の商工会議所が運営するビジネスマッチングサイト


無料資料請求でプレゼント差し上げます!

独立・開業・起業ならBMフランチャイズ


地域に根ざした店舗を目指すコンビニ。
店舗の半径800メートル以内の住民によって
経営が支えられています。

 

しかし、近隣住民からクレームが直接入る場合もあるのでしょうか。

 

代表的なコンビニのクレームをみていきましょう。

 

まずはごみ捨クレームてです。

 

自分の店舗で購入した商品の空き缶やおにぎりのフィルムや買い物袋。

 

これらをゴミ箱に捨ててもらえばいいのですが、
実は歩きながら捨て去ってしまうお客さんもいます。

 

自分の店舗の近くの住民にとっては気分のよいものではなく
迷惑行為としてクレームを直接店舗に行ってくるケースもあります。

 

お役様からのクレームは最初が何よりも肝心です。

 

しかし、どのようなクレームであろうと
はじめは謝罪しておき、お客様の怒りがおさまってから
事実を問い直すことがポイントです。
これが誠意ある対処法となります。

 

具体的にはクレームの原因や責任の所在と確認することが
コンビニオーナーの仕事です。

 

自分の店舗で発生したクレームなのか、
きちんと把握できるかどうか冷静に対処しましょう。

 

また、クレームがきた場合にも
本部経由に相談することもでき対処方法なども
豊富な経験をもとにアドバイスを受けられるようです。

 

他にも、放置自転車や夏休みに集まる若者の大声なども
コンビニクレームのひとつです。

 

きちんと地域に信頼される優秀なオーナーはどうしているのでしょうか。

 

毎日店舗や近所の清掃活動を行ったりしたり
地元の防犯イベントに参加したりしているようです。