コンビニ 立地条件

今は会社勤めだけど、将来に不安があるかたへ

最新の買取ビジネスから、ラーメン店まで!!

全国の商工会議所が運営するビジネスマッチングサイト


無料資料請求でプレゼント差し上げます!

独立・開業・起業ならBMフランチャイズ


コンビニを始めるに当たり立地条件はどうなっているのでしょうか。

 

セブンイレブンの場合には、その立地条件で出店が可能かどうか、審査があるようです。
事前調査も綿密に実施していて、オープン予定のスペースや土地で繁盛するのか、
独自の調査方法があるみたいです。

 

詳しくは下のセブン-イレブン公式サイトの地域ごとの「マーケットの特徴」が参考になります。

 

「東京23区の場合は?」「鹿児島の場合は?」など、
地域名をクリックするとかなり詳しく書いてありました。

 

 

開業に有利な立地条件としては主に3つあります。

 

誰もが利用したことのあるのが駅前立地です。

 

電車の乗り換えの間や待ち合わせなど
店内の滞在時間は短いですが、女性客の比率が多いのが特徴です。
また、若者層が中心ですが、
意外と客単価が低い傾向にあります。

 

住宅立地はよくもなくわるくもない

 

通常の住宅街にあるコンビニエンスストアです。
中には商店街の中にあったり、
通勤や通学の道の途中にあったりするのがこのタイプです。
主に高齢者の比率が高いのが特徴ですが、
男性客も多い傾向です。

 

利用者は自転車を主に使って来店しますが、
商圏は狭い傾向になります。

 

行楽立地は駐車場の広さがカギ

 

都心から郊外に向かう主要道路。
家族連れの観光客から業務用トラック運転者まで
多くの車が行きかいます。

 

ここにお店を開いているコンビニは
駐車場を広くとることにより
車のお客様に立ち寄ってもらえるように工夫しています。

 

行楽立地の特徴はタバコの売上げが高いことです。
主に男性客の比率が高いのも要因ですが、
弁当や飲み物などをまとめ買いするために
客単価が高いのも特徴です。

 

特にトラックで来店する工事関係者は
もっともお金を落としてくれる最上客となります。

 

観光バスが立ち寄るような敷地面積を持つコンビニもあります。

 

疑問点はもちろん、不安に思っていることがある・・。

 

どんな人が失敗しているのか・・
年収は実際のところどうなのか・・
生計をこれだけで立てていけるのか・・

 

わからいことばかりである。
体験者に直接質問できる機会がないと
なかなか真実はみえてこないもの。

 

コンビニでは定期的に説明会を無料で行っているらしい。

 

気になる方は気軽に参加してみるのもありです。